CURTAIN CALL

haruka nakamura


光によせて





haruka nakamura PIANO ENSEMBLE TOUR FINAL『光』によせて



rizm / colissimo 前中久和


はじめて手にしたharuka nakamuraのアルバムは、2010年に発売された2nd ALBUM「twilight」だった。
毎日取り憑かれたように聴いていたこのアルバムの中でも"音楽のある風景"は、心の深いところまで染み込んでくる感覚があり、心身にひずみが生じた時にも、この音を聴くと深い森のなかへ誘われるかのように眠りにつけた。
その名を冠したツアーの最終回が2017年7月21日、有終の美を飾るに相応しい「東京カテドラル聖マリア大聖堂」で開催される。

このTOUR FINAL "音楽のある風景"『光』のメインビジュアルは、わたしが通学通勤で利用していた山間部を走る旧JR線のトンネルの中からの光景。昨年の春にharukaさんと訪ねた時に彼が撮った写真が使われている。
この路線で通っていた当時、 「車窓の明るい風景が、ふいに真っ暗闇になり、また閃光のごとく明るくなる」 を繰り返すトンネル郡を越えながら、 この先もこのレールでいいのだろうか、新たなトンネルを選べばその先に大きな光があるのか、それとも闇に迷い込んでしまうのだろうかと、これから先のことをぼんやりと考えていた。



そんな人生の分岐点に立っていた頃にはるか遠くの青森で才を持って生まれた彼と、33年後にここを訪ねるとは数奇な縁の巡り合わせである。


年を重ね、深い闇と遠い孤独を経験した日々から生まれた彼の音楽は、人が生きるうえでの根源的な光と闇、儚さや美しさにあふれている。


"音楽のある風景"がリリースされてから7年、ENSEMBLE TOURが始まって2年半。この音楽も幾つもの光と闇を積層しながら進化し続けていて、観るたびに全く違う風景を描き出している。ENSEMBLEメンバーが各々に歩んでいる日々が、その時々に交錯して風景を作り上げていると言う方が正しいかも知れない。


TOUR FINAL『光』は、その集大成に近づいているのは間違いないが、決して完成形として終わるのではなく、一つの分岐点としてそれぞれに始まる新たな『光』への入り口に立っているように思える。どのトンネルの先にも『光あれ』と言わんばかりに。







| - | 17:32 |
岡山 マチノブンカサイ





宮内優里くんとのセッション。
次は岡山の廃校でやります。
9/23に岡山市・旧内山下小学校で開催の
「マチノブンカサイ」


翌週9/30京都、10/1名古屋でも予定してます。
新しい旅の始まり。


https://t.co/NkrxpYRE50









| - | 21:23 |
予約開始






HARUKA NAKAMURA PIANO ENSEMBLE





Release 8 Aug 2017


Pre-order (ENG):
https://t.co/XNDHUaoKPA

Pre-order (JP):
https://t.co/QZfbU5MQMO



| - | 13:34 |
光の音

 

 

発売前のアルバム「光」より

数曲の1部分のみ、音が公開されました。

 

 

 

「光」

 

Track list :
[DISC 1]
1. nowhere
2. SIN
3. 四月の装丁
4. 音楽のある風景
(録音:2017/3/11 sonorium)
 
[DISC 2]
1. 光
(録音:2016/12/11 めぐろバーシモン小ホール)
2. CURTAIN CALL
(録音:2016/12/23 早稲田奉仕園スコットホール)
3. 灯台
(録音:2016/6/18 福岡・博多)
 
[CD特典:ダウンロード・ボーナストラック]
1. はじまりの賛美歌(録音:2016/12/23 早稲田奉仕園スコットホール)
2. 夕べの祈り(録音:2017/3/11 sonorium)

 

録音:福岡功訓(Fly sound) / Disc2-3のみ江島正剛(ジャパラ倶楽部)
ミックス・マスタリング:田辺玄(studio camel house)

| | 13:27 |
kitchen design





NEW ALBUM
「光」
デザインは今回もkitchen.label
ありがとうApril & Ricks

「音楽のある風景」「CURTAIN CALL」とPIANO ENSEMBLE作品で統一されたデザイン。
ブックレットは、初の全曲解説や、所縁の方々からの寄稿、ツアーPHOTOなど32pのボリュームになっています。







| - | 13:14 |





新しいアルバム。
いよいよです。


http://www.inpartmaint.com/site/21239/












| - | 22:53 |
山形文翔館 FOLKLORE







9月。 約2年ぶりとなる山形・文翔館での FOLKLORE LIVEが決定しました。 今回もyama-bra のみなさんに サポートして頂きます。


**********************


FOLKLORE LIVE 山形公演
https://www.facebook.com/events/1236318256465344/


DATE:9月2日(土)
PLACE:山形・文翔館議場ホール (山形市旅篭町3−4−51)
http://www.gakushubunka.jp/bunsyokan/ OPEN:16:30 / START:17:15

前売:¥4,000 当日:¥4,500 全席自由
(前売りで予定数に達した場合当日券はありません。)
出演:FOLKLORE(AOKI,hayatoとharuka nakamura)+ 内田 輝(sax)








チケット:6月3日より販売/申し込みを開始します。
チケット取扱い先:新星堂エスパル山形店、Espresso、Bar Saudade、Rough roLL、そば吉里吉里、台湾你好、亜細庵Syun 、Mundo Novo
(購入は各店の営業時間内にお願いします。)


遠方の方は郵送致します。メールでお申し込み下さい。 (6月3日午前10時から。これ以前のお申し込みは受付できません。)
メール以外での対応は致しません。予めご了承ください。
メールアドレス:
bossacur@ma.catvy.ne.jp メールのタイトルは「フォークロア」とし、
?お名前 ?希望枚数 ?ご住所  ?電話番号をお知らせください。


お問い合わせ:yama-bra
URL: http://www.catvy.ne.jp/~bossacur/  mail: bossacur@ma.catvy.ne.jp


ご注意: 1)未就学児童は入場できません。 2)チケットの払い戻しはできません。オークション等での転売は固くお断りします。   転売が確認された場合当該チケットは無効と致します。 3)「文翔館」では「床材」保護の観点から、履物の制限を行っております。   ピンヒール、下駄等、床材を傷つける恐れのあるお履きものでの入場は出来ません。   該当するお履きものでお出での方は、会場に備え付けのスリッパに履き替えていただきます。


主催:yama-bra
**********************









| - | 15:59 |
明星ピアノ 2








「明星ピアノ 2」
FOLKLORE (AOKI,hayatoとharuka nakamura) + 内田 輝
写真家 濱田英明
special guest 坂本美雨、坂本美雨、太田美帆(CANTUS)



お申し込みは、こちらのrizm HPより

http://colissimo.jp/journal/news/7172/


兵庫県篠山、コリシモの大切な5周年に合わせて。
2日間、コリシモとrizmにてFOLKLOREが演奏させて頂きます。
写真家の濱ちゃんとのコラボレーションも。
2日目には美雨さんと美帆さんもゲスト参加。
前回の「明星ピアノ」に引き続き、rizmの壁や天井いっぱいに、青森の満天の、新しい星空の映像と共に演奏する、夏の演奏会です。



■ 濱田英明写真展オープニングレセプションとcolissimo 5周年記念ライブ
開催日:2017年8月5日(土)
会 場:rizm 「明星ピアノ2」演奏会  18:30 ~ 19:10 (18:00開場)
colissimo  食事と談話とBGM生演奏  19:30 ~ 21:00

料 金:5500円  rizm/colissimoでのライブ参加費、食事+1ドリンク付き。
募 集:30名限定 _





※ 8月5日から開催される濱田英明写真展のオープニングレセプションとcolissimoの5周年のお祝いに、rizmでのFOLKLORE「明星ピアノ2」演奏会(濱田英明の動画上映も予定しています)、場所をcolissimoに移してシチニア食堂さんの美味しい食事をいただきながら、音楽家や濱田英明と談話やFOLKLOREによるBGM生演奏を楽しむ豪華なライブです。緩やかなひとときを是非お楽しみください。 .



■ FOLKLORE (AOKI,hayatoとharuka nakamura)+ 内田 輝 「明星ピアノ2」 スペシャルゲスト:坂本美雨、太田美帆(CANTUS)
開催日:2017年8月6日(日)  14:30 ~ (14:00開場)
会 場:rizm 兵庫県篠山市今田町下小野原7-2
料 金:3500円 (小学生以下は無料)未就学児につきましてはご相談ください。



_ ※ ピアノとギターとサックスが交錯する、FOLKLORE (AOKI,hayatoとharuka nakamura)+ 内田輝。
満天の星空の映像と共に。
今回は、スペシャルゲストとして坂本美雨、太田美帆(CANTUS)も来篠してくださり、rizmの広い空間に声も木霊します。
※ FOOD シチニア食堂/
※ 音響 島田達也(night cruising)



















| - | 15:27 |
ダレオド





「誰もみていないみたいに、踊って」


この世界に、どんな時も味方してくれる存在が、 そこにあるということ。
だから恥ずかしがらずに、誰の目も気にせず、踊るように生きればいいと、彼女の写真は言う。
そうして、そのように、日々彼女はシャッターを切り続ける。



光を集めること。
それはあの三月から、固く決めた心持ちだった。
どんな暗闇のなかにいても、出来るだけ光を集めること。
音楽が光へ向かうよう努めること。
いつも、その心でいること。



僕らは、おそらくお互いに、それぞれのやり方でそうしてきて、たまに道のりは交差した。
長く歩いていれば、心が折れそうになることもあるし、苦しいことは、繰り返す波のように押し寄せる。
人は、一番辛い場面で、その姿勢を求められる。


そんな時、正子はいつだって、こうして勇気をくれる。
とびきりの笑顔で、前へ進めと背中を叩く。
何度そうやって、助けてもらっただろうか。


踊り出す人がどんどん増えて、世界を笑い飛ばせばいい。暗い部屋の、窓をいま、開ければいい。

彼女の写真がたくさんの人の光であるということ。
この世界に、どんな時も、絶対に、必ず、味方してくれる存在が、そこにあるということ。





中川正子 新作写真集
「ダレオド」に寄せて

haruka nakamura









| - | 12:12 |
FOLKLOREについて





FOLKLOREは、旅を続けている。



演奏会に来てくださった方は気付かれたかもしれないけど、CDに入っている楽曲をそのまま演奏することは、ほぼない。演奏の場所、時間、各人の状況によって、どんどん変わっていく。



アルバムをつくったときは2人だったが、いまは内田輝(ソプラノサックス)さんも旅を共にするようになり、トリオ編成である。ソプラノサックスが音楽を上昇気流にのせ、空高く飛んでいくようになった。すばらしい演奏家と一緒に旅ができて、光栄だと思っている。



次のライブは山梨・増富温泉にあるフィトンチッド。むかし学校だった場所。ここにはピアノがない。だからハルカくんは電子キーボードとギターを弾く。「ハルカさんと同じキーボードを買ったけど、同じ音が出ない」と言っていた人がいた。あの音は、わたしもハルカくん特有の洗練された音だと思う。



そしてギター。そういえば、FOLKLOREは、はじめギターデュオとしてスタートしたのだった。どこでも弾けて、どこへでも連れていける旅の相棒としてのギター。フィトンチッドでは、久しぶりにギターとギターの協奏もありそうだ。



青木隼人

















| - | 22:19 |