CURTAIN CALL

haruka nakamura
/ 05022010 -

every day

 

 

 

 

 

 

「every day」

 

作曲   haruka nakamura
作詞 Janis Crunch

 

 


毎日私は探している
内なる世界を

 

全てが愛おしい
だけど辛い

 


全てが消えてしまうのではないかと

 


とにかく毎日探しているの
辿り着けない答えを

 

 

私は誇りに思っている
この世の全てを
自分の存在を

 

光洩れる小さな部屋
愛し過ぎて

 


全てが消えてしまうのではないかと

 

 

とにかく毎日誇りに思っているの
小さくて儚い僕らを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 15:31 |
映画「every day」

 

 

 

 

 

映画 「every day」

http://everyday-movie.jp

 

 

8年前にリリースした

1stアルバム「grace」の

一曲目に収録されている
「every day」

 

この楽曲から着想した原作が生まれ
ついに映画として完成しました。
音楽は全編ピアノで新録しています。
ぜひ映画館でご覧ください。

 

 

新宿k's シネマにて公開中

 

 

 

 

| works | 15:28 |
うらら

 

 

 

 

haruka nakamura PIANO ENSEMBLE TOUR 2016「音楽のある風景」
ACT.13 広島世界平和記念聖堂公演 
-平和と、光-


8月の広島公演では、
うたで、うららが初参加してくれます。
まだ13歳。
中学2年生の、天性の美しい歌声はCANTUS太田美帆さんに発見され、
坂本美雨with CANTUS「pie jesu」では、
美雨さんとダブルボーカル、MVでも主演、
NHKドキュメンタリー番組「ガウディの遺言」テーマ曲「カーテンコール」でもメインボーカルを務めています。
8月の広島。聖堂で、
その歌を聴いてください。

 


 

 

 

haruka nakamura PIANO ENSEMBLE による「音楽のある風景」リリースツアー
待望の広島公演を、重要文化財にも指定されている世界平和記念聖堂にて開催します。
8月のヒロシマで、『平和と、光』の願いを込めて。

haruka nakamura PIANO ENSEMBLE TOUR 2016「音楽のある風景」
ACT.13 広島公演 -平和と、光-


http://nightcruising.jp/160827_harukanakamura/


日時:2016年8月27日(土)
会場:世界平和記念聖堂
開場:18:00 / 開演:19:00 ※飲食ブース (会場敷地内 ) は17:00 頃からお楽しみいただけます。
料金:前売 5,000円 / 当日 5,500円 (全席自由・整理番号付) ※売上の一部を聖堂保存の為に、寄付させて頂きます。

 

 

出演:haruka nakamura PIANO ENSEMBLE

PIANO ENSEMBLE:
haruka nakamura (pf)、ARAKI Shin (sax&flute)、akira uchida (sax)、rie nemoto (violin)、isao saito (drums)

うた:太田美帆(CANTUS)、森ゆに、うらら
灯り:chiemi sara
音響:sonihouse

【前売りチケットは下記のLivePocket及び店頭にて6/12(日)より販売開始】
<オンラインチケットサービス LivePocket>
https://t.livepocket.jp/e/0827hiroshima
<チケット取扱店>
u-shed (広島市 南区宇品神田1丁目5-33) http://u-shed.jp/

*メール予約(取り置き)はございません。オンラインチケットサービスまたは u-shed 店頭での販売のみとなります。
*入場者数に限りがございます。予約が定員となり次第締め切らせていただきます。その場合、当日券の発行はいたしません。お早めにご予約下さい。
*当日は開場後、整理番号順にご入場いただきます。チケット購入時に発行されるQRコードを忘れずにご用意下さい。
*会場(聖堂) 内での飲食は厳禁です。
*駐車場、駐輪場はありません。公共の交通機関でお越し下さい。
*本公演では、静寂を大切にした音楽の意向、また緊張状態が長時間続く内容を考慮し、大変申し訳ありませんが小学生未満のお子様のご来場はご遠慮頂いております。ご理解、ご協力のほどお願いいたします。
*チケットご購入後のお客様の都合による変更・キャンセルはできません。

会場:世界平和記念聖堂
広島市中区幟町 4-42
・JR広島駅南口から徒歩12分
・路面電車またはバス「銀山町(かなやまちょう)」下車 徒歩4分

 

 

| - | 15:43 |
rizm 3周年記念ライブ

 

 

 

 

 

みなさまに支えられて、rizmはこの8月にちょうど3年を迎えます。
感謝の気持ちと「旅する音楽」をおもい、この場所と縁が深く各々の繋がりもある音楽家haruka nakamura、内田輝、太田美帆(CANTUS)、西森千明、森ゆに、田辺玄(WATER WATER CAMEL)、そして今回初共演となるOLAibi/オライビ(OOIOO)を招き、一日限りのrizm楽団として3周年記念ライブ「光」を開催させていただきます。
また、今回のライブは「旅する音楽」を主宰する由布院のCREEKS.谷川義行氏とrizmによる共同企画として、熊本大分震災の義援金チャリティーライブも兼ねさせていただき、必要経費を除く売上をCREEKS.を介して被災地へみなさまのお気持ちとともにお届けしたいと思いますので、ぜひご参加ください。
闇になってはじめてわかる光、闇だからこそ光をもとめ前にすすめること、これからも音楽とともに光を求め旅が続きそうです。

 

 

 

日時|2016年8月7日(日)13:30 開場 14:00 開演
場所|rizm 兵庫県篠山市今田町下小野原7-2
費用|3500円

 


出演者|

 

西森千明と森ゆに「2台のピアノ」
 西森千明 Vo、pf.
 森ゆに Vo、pf.

 

rizm楽団 「光」
 haruka nakamura pf.
 オライビ・アイ Drs. (OOIOO)
 田辺 玄 Gt. (WATER WATER CAMEL)
 内田 輝 Sax.
 太田美帆 Vo(CANTUS)
 西森千明 Vo、pf.
 森ゆに Vo、pf.

 

 

 

FOOD|たかはしよしこ、ポノポノ食堂

 

 

 

※開場/開演時間、演奏項目など協議中ですので、詳細につきましてはのちほど更新させていただきます。

 

 

| - | 14:16 |
「音楽のある風景」広島公演 at.世界平和記念聖堂

8/27(土) haruka nakamura PIANO ENSEMBLE TOUR 2016「音楽のある風景」広島公演 at.世界平和記念聖堂



 

160827_haruka_hiroshima

 

haruka nakamura PIANO ENSEMBLE による「音楽のある風景」リリースツアー
待望の広島公演を、重要文化財にも指定されている世界平和記念聖堂にて開催します。
8月のヒロシマで、『平和と、光』の願いを込めて。
 

haruka nakamura PIANO ENSEMBLE TOUR 2016「音楽のある風景」
ACT.13 広島公演 -平和と、光-

 

日時:2016年8月27日(土)
会場:世界平和記念聖堂
開場:18:00 / 開演:19:00 ※飲食ブース (会場敷地内 ) は17:00 頃からお楽しみいただけます。
料金:前売 5,000円 / 当日 5,500円 (全席自由・整理番号付) ※売上の一部を聖堂保存の為に、寄付させて頂きます。
出演:haruka nakamura PIANO ENSEMBLE

PIANO ENSEMBLE:
haruka nakamura (pf)、ARAKI Shin (sax&flute)、akira uchida (sax)、rie nemoto (violin)、isao saito (drums)

うた:太田美帆(CANTUS)、森ゆに、うらら
灯り:chiemi sara
音響:sonihouse

【前売りチケットは下記のLivePocket及び店頭にて6/12(日)より販売開始】
<オンラインチケットサービス LivePocket>
https://t.livepocket.jp/e/0827hiroshima
<チケット取扱店>
u-shed (広島市 南区宇品神田1丁目5-33) http://u-shed.jp/

*メール予約(取り置き)はございません。オンラインチケットサービスまたは u-shed 店頭での販売のみとなります。
*入場者数に限りがございます。予約が定員となり次第締め切らせていただきます。その場合、当日券の発行はいたしません。お早めにご予約下さい。
*当日は開場後、整理番号順にご入場いただきます。チケット購入時に発行されるQRコードを忘れずにご用意下さい。
*会場(聖堂) 内での飲食は厳禁です。
*駐車場、駐輪場はありません。公共の交通機関でお越し下さい。
*本公演では、静寂を大切にした音楽の意向、また緊張状態が長時間続く内容を考慮し、大変申し訳ありませんが小学生未満のお子様のご来場はご遠慮頂いております。ご理解、ご協力のほどお願いいたします。
*チケットご購入後のお客様の都合による変更・キャンセルはできません。

会場:世界平和記念聖堂
広島市中区幟町 4-42
・JR広島駅南口から徒歩12分
・路面電車またはバス「銀山町(かなやまちょう)」下車 徒歩4分

主催:u-shed
協力:night cruising

お問い合わせ:info@u-shed.jp (u-shed)











 

【haruka nakamura PIANO ENSEMBLE】



 

haruka nakamura

青森県出身
最新作は「音楽のある風景」

2015年より、最新作のPIANO ENSEMBLE TOURを開始。
台湾、シンガポールなど海外公演を含め2年がかりのツアーを敢行中。
「THE PIANO ERA 2015」にも出演。
代表作はnujabesと共作した「lamp」
写真家 奥山由之が監督したMV「arne」など
コラボレーションでは、坂本美雨 with CANTUS、まじ娘、Aimerなどの楽曲を手掛ける。
SONY、CITIZEN、TOYOTA、直島美術館などCMからドキュメンタリーフイルムまで様々な音楽を製作。
2016年、自身の楽曲が原作となり制作された映画「every day」が公開。
音楽監督を担当。

青木隼人とのDUO「FOLKLORE」の旅も続けている。

www.harukanakamura.com

荒木 真 / ARAKI Shin

araki

管楽器奏者、作編曲家。これまでにakira kosemura、EXILE、haruka nakamura、永山マキ、vusik等のアルバムに参加、楽曲提供、編曲を行うほか、ギャラリー、ファッション・ショー、舞踏等の音楽、写真家など他ジャンルのアーティストとのコラボレーションを手がけている。“Jazz Collective”の一員としてロシア政府より招聘を受け演奏。2015年、アルバム“PRAYER”を発表。

arakishin.com

内田 輝/ akira uchida

20150627a_7-760x487

音楽大学でsaxを専攻。 卒業後欧州を旅し、 その実体験から西洋と東洋における紀元前から中世の思想を意識する。
ピアノ調律を習得後、14世紀に考案されたclavichord(鍵盤楽器)に出会う。古来からの美意識に基づき、音の霊性と波動を追求している。

baroquevoice.tumblr.com

根本理恵 / rie nemoto

nemoto

茨城県出身。日本大学芸術学部音楽学科ヴァイオリン専攻卒業。
ヴァイオリンを飯塚直子、故久保田良作、大川内弘、室内楽を杉山さゆり、大川内弘、東義直、アルゼンチンタンゴを岩崎宏之、各氏に師事。
現在、オーケストラ、室内楽、スタジオ録音、アーティストのサポート演奏、親子コンサートの企画など、幅広いジャンルで活動中。
さいたまARTS21メンバー。
流山市音楽家協会会員。

rienemoto.blogspot.jp/

齊藤 功 / saito isao

IMG_0779

1981年 神奈川県生まれ

様々な打楽器や非楽器で、
そこにしかない【音】を、みつけて、だす。
漫画と短歌と石拾いが趣味。

「天籟よりそえば静寂に響く石の声とはふしだらな夢」

iiiiiiiiisao.wix.com/isao-saito

太田美帆

ota

1978年東京生まれ。聖歌隊CANTUS合唱長。
ソロ活動としてharuka nakamura、高木正勝、UA、中島ノブユキ等のコーラスを担当。二児の母。

cantus.otamihoandcantus.client.jp/

森ゆに

moriyuni

山梨県在住。シンガーソングライター、ピアニスト。
クラシックや賛美歌をルーツにした弾き語りによるアルバム「夏は来る」「夜をくぐる」に続き、新作「祝いのうた」を2015年6月に発表。

moriyuni.blog94.fc2.com/

うらら

urara

2002年東京出身。6才より合唱を始め12才でCANTUSと出逢う。
ライブ、レコーディング等に参加。4人兄弟の末っ子、てんびん座。
haruka nakamuraが手掛けたNHK特番のテーマソング「カーテンコール」にてメインボーカルを担当。
坂本美雨 with CANTUSにも参加している。

鶴林 万平 (sonihouse)

sonihouse

音響設計・製作。PAエンジニア。
長谷川アンナ(グラフィックデザイン)とともにsonihouseを主宰。音と空間、聴き手の中に豊かな循環を生むをコンセプトに活動する。電子音 対 自然音の二項対立を克服し、空間における響きの再現について考え抜いた12面体スピーカー”scenery”をはじめ、オリジナルスピーカーの開発・製造。またそれらを用いた様々なイベントを企画する。
坂本龍一+YCAM InterLab『Forest Symphony』、evala『void inflection -TAJIMI version-』等、音にこだわるアーティストによるインスタレーション、舞台の音響装置として使用される。
原田知世『on-doc.』、mama!milk演奏会『ときのあとさき』等のライブ音響ではサイトスペシフィックな特性を活かした音作りと演出で評価が高い。

www.sonihouse.net/

 

| 音楽のある風景 | 16:03 |
MV 「pie jesu」/ 坂本美雨 with CANTUS





2016年6月22日発売 New Mini Album『Sing with me』より
「pie jesu」 Music Video -short version-
作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー

cast : うらら
produced by haruka nakamura
shooting: takeshi yoshimura , ITTA
editor & film direction: ITTA

special thanks: HADEN BOOKS, 太田美帆


坂本美雨が新たなパートーナーとしてかねてより交流のあった聖歌隊CANTUS(カン­トゥス)をむかえ、
アレンジはエレクトロニカやアンビエントな音楽を手掛ける音楽家haruka nakamuraを起用。CANTUS
の荘厳なコーラスワークとharuka nakamuraの静謐なアレンジが作品全体を包みこむ現代音楽的アプロ
ーチが施された作品。

「pie jesu」は『ジーザス・クライスト・スーパースター』『キャッツ』『オペラ座の怪人­』などの
作品で知られる、アンドリュー・ロイド・ウェバーが作曲したレイクエム曲。
坂本のボーカルに加えて、レイヤーされるボーカルとして 13 歳の中学生 うらら が起用され、坂本の
透明感のある歌声と子供ならではの清らかな歌声がが絶妙にかさなり­合っている。



『Sing with me』坂本美雨 with CANTUS
http://www.amazon.co.jp/dp/B01E3A4HAG

『Sing with me』特設ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/sing-wit...

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
| works | 15:41 |
CITIZEN BASELWORLD 2016 "Horizontal Time"





CITIZENの映像
音楽を担当しました


sound by haruka nakamura
violin : rie nemoto
director : kazuyuki miyabe
| works | 15:27 |
星めぐりの歌 MV



2016/05/19 に公開

2016年6月22日発売 New Mini Album『Sing with me』より
「星めぐりの歌」 Music Video 作詞・作曲:宮沢賢治

坂本美雨が新たなパートーナーとしてかねてより交流のあった聖歌隊CANTUS(カン­トゥス)をむかえ、
アレンジはエレクトロニカやアンビエントな音楽を手掛ける音楽家haruka nakamuraを起用。CANTUS
の荘厳なコーラスワークとharuka nakamuraの静謐なアレンジが作品全体を包みこむ現代音楽的アプロ
ーチが施された作品。
「星めぐりの歌」は今年生誕120年をむかえた宮沢賢治が著した『双子の星』に登場す­る歌。生前に賢
治が歌っていた旋律を、後に周囲の人が採譜したとされている。坂本の語りかけるような­歌声が静かに
めぐる夜空を想起させる楽曲。


Sound Producer&Arrangement: haruka nakamura
Photographer: 木村和平



『Sing with me』坂本美雨 with CANTUS
http://www.amazon.co.jp/dp/B01E3A4HAG

『Sing with me』特設ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/sing-wit...

| - | 14:42 |
坂本美雨 with CANTUS

 

坂本美雨 with CANTUS
「sing with me」
6.22 release
 

全曲プロデュースとアレンジを担当しました。
コーラスアレンジはCANTUS 太田美帆
ジャケットは写真家 木村和平
題字は森本千絵
 

特設HP
http://www.yamahamusic.co.jp/sing-with-me/


 

収録曲
「星めぐりの歌」
「ノスタルジア」では
PIANO ENSEMBLEからrie nemotoとisao saitoが参加しています。
 

根本理恵さんはストリングスアレンジも担当。
またエレキギターで青木隼人さんも参加。
チェロでは三澤亜美さんが参加してくれています。





 

2016 年、坂本美雨と CANTUS による「歌声」にフォーカスした制作が始動
 

坂本美雨初のコーラス作品心穏やかにする坂本の歌声が静寂の中に響きわたる全4曲。
新たなパートナーとしてかねてより交流のあった女子聖歌隊の CANTUS(カントゥス)をむかえ、アレンジはエレクトロニカやアンビエントな音楽を手掛ける音楽家 haruka nakamura 氏を起用。CANTUS の荘厳なコーラスワークと haruka nakamura の静謐なアレンジが作品全体を包みこむ現代音楽的アプローチが施された作品。「星めぐりの歌」は今年生誕 120 年をむかえた宮沢賢治が著した『双子の星』に登場する歌。生前に賢治が歌っていた旋律を、後に周囲の人が採譜したとされている。坂本の語りかけるような歌声が静かにめぐる夜空を想起させる楽曲。「星に願いを」は坂本と CANTUS が 2014 年に共演した際に歌唱し今制作のきっかけになった 1 曲。「ノスタルジア」は坂本制作にあたり音源化を切望した楽曲。「pie jesu」はアンドリュー・ロイド・ウェバーの楽曲として知られるレクイエム曲、“すべての人への子守唄” として 2016 年 3 月 11 日に先行配信し話題となっている。 心穏やかにする坂本の歌声を中心に、重なり合う歌声が静かにかつ清らかに響く全 4 曲。この作品を通して大切な人と大切な時間をわかち合って欲しい。初冬には、アルバムのリリース予定をしている。




 

| works | 14:40 |
Singapore Tour 2016






haruka nakamura PIANO ENSEMBLE Singapore Tour 2016 
NEW DATE ADDED* 5/18 (Wed)
SOLD OUT* 5/19 (Thu)

Thank you Singapore for selling out our first show here with Kitchen. Label and aspidistrafly on May 19. We have added a 2nd show on May 18 and tickets are now on sale. We’re grateful for your amazing support.


ENSEMBLE TOUR
シンガポールへ
SOLD OUTしたので1日追加となりました
感謝

灯りのchikuniさんや
音響fly-soundさんも共に










 
| - | 15:15 |